レオと暮らす家 >  建売住宅 > デザイナーズ住宅 世田谷

« MyForest 深沢の家 | 近藤典子が建てた家―収納のカリスマが提案する、新しい暮らしの形 »

デザイナーズ住宅 世田谷 [ 建売住宅 ]

住友林業の「MyForest 深沢の家」から帰る途中に、たまたまアップタウンの建売住宅の案内をしていたので、建売を買うのは絶対無理と思いつつ入ってみることに。

アップタウンは、世田谷、品川、目黒辺りを中心に展開している上流階層向けのハウスメーカーのようだ。その時点で既に間違ってはいるが、高級住宅の雰囲気だけでもと思い。

対応してくれたのは、女性の若い営業の方。最初に、「別の場所に土地があり、建替えの予定のためこの土地での建売は買えない。」と伝えていたためか、あまり積極的に営業トークはなく、淡々と家の特徴を説明してくれた。自転車でカジュアルな格好をしている人には、期待出来ないと思ったのかな?

最初に見せてくれたのは、4LDKの一戸建て

玄関ホールは、大理石で作られていていかにも高級そうなつくり。坪数の割には広く感じたが収納が少ない感じだった。ただ、リビングダイニングの間取りは明るくてなかなか。この辺りは坪280万〜300万とのことで、やっぱり土地代が高い。。。今回4件売り出していたが既に2件は売却済みであった。衝動買いとかする人いるのだろうか。カーポートも自動シャッターで、シャッターを降ろした外観は、ベンツかBMWが似合いそう。とても無理(-_-;)

次に見せてくれたのは、デザイナーズ住宅

外観は、オール木でちょっと目は引くが、びっくりするほど変わった感じではないが、一歩入って見るとなんとも言えない内装だ。ドアや壁も木そのままで、トイレのドアも収納も全て壁と一体となっていて、どこがドアかわからない。。バスルームは今流行りのガラス張り。リビングの窓は体育館のようなポールが斜めに入っている。この建て方は木造の1.4倍の強度があるらしいが、なんだか落ち着かない。この辺りはインターナショナルスクールがある関係で、外国の方が多いらしく、外国の方には好まれるとのことだが、、、やっぱいいや。

どの家も1億は超える。ローンを組んでもきっと厳しいな〜。高級住宅は手が届かないことを実感し、帰路についた。

アップタウン
私達は、都心のアップタウン(山の手住宅街)における戸建住宅の仲介事業を中心に事業を推進して参りました。1990年(平成2年)世田谷区桜丘に創立以来、横浜、伊豆、自由が丘、尾山台と積極的に店舗展開を図り、着実にフィールドを拡げて参りました。そして2002年(平成14年)12月に世田谷本店を世田谷区用賀に移転し、アップタウングループの核として、多様化するニーズにお応えできる事業体制ができたと自負しております。

また企業理念である「真のゆとりをお客様にお届けする。」をスローガンに掲げ、不動産コンサルティング事業、インターネット活用による情報力の一層の充実を図り「不動産・住まい・真のゆとり」をトータル的に捉え、お客様のご要望すべてに応えてゆく所存でございます。

« MyForest 深沢の家 | 近藤典子が建てた家―収納のカリスマが提案する、新しい暮らしの形 »

レオと暮らす家 >  建売住宅 > デザイナーズ住宅 世田谷
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/60

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)