レオと暮らす家 >  建売住宅 > プラウドシーズン府中武蔵野-野村不動産 (新築分譲一戸建て)

« ローコスト住宅 | 住まいのショールーム★調査隊 »

プラウドシーズン府中武蔵野-野村不動産 (新築分譲一戸建て) [ 建売住宅 ]

今日は天気が良かったので、サイクリングを兼ねて野村不動産の一戸建てプラウドの建売住宅を見に行くことにした。プラウドは、マンションもそうだが、いわゆる高級住宅なので間取りの参考になることを期待して出かけた。現在住んでいる賃貸アパートの裏にもプラウドのマンションがあるが、モデルハウスは数週間で取り壊されており、即効売り切れたみたいだ。

家から自転車で川沿いを20分程度こいで、豊かな自然を満喫しようと思ったが、あまりの風の強さに少々へこみながら、ようやく到着。周りに公園も公共施設も多く、立地はなかなか良いと思う。

入り口に事務所があり、まずはそこで受付を行う。事務所自体は簡易なつくりだと思うが、受付の対応はなかなか感じがよい。席に通されアンケート用紙に記入しながら担当営業の方を待つ。かなり盛況なのか、なかなか担当者がこなかった。買う気ないので、出来たら自由に周りたいが、プラウドともなるとそうはいかないらしい。。。

ようやく担当の方が来て、家に対する要望をヒアリングされる。自然な回答を答えるのは難しいが、うまく誤魔化しつつ話を進めていった。建売の営業だけあって、建売の良さをとにかく強調していた。「注文住宅よりも部品が大量に仕入れられるため安い。」とか「間取りは住めば体が慣れるので気にしなくて良い。」とか。こちらは、間取りに悩んでいるが「気にするな」の一言で、今日はあまり参考にならないかもと一抹の不安を感じ始めた。「収納がある方がいい。」と伝えたときも、「収納は、インテリアデザイナーの方に相談するとデッドスペースをうまく活用してくれる。」とのとこだ。間取り図を見ると確かにあまり収納はなさそう。後は、お決まりであるが、今が買い時!を強調していた。特に土地付きの一戸建ては、どんどん土地の値段が上がっているので2〜3年後はすごいことになるらしい。横浜の中山や戸塚辺りも地価上昇率が高いとのこと。その辺りを希望されている方、今が買い時です!(とのこと。)

ようやく話が終わり案内してもらえることに。29邸あるが、その中で数邸だけ案内してもらえるらしい。既に申し込みを前提としている人がかなりいるらしく、誰も希望していない家は10邸もなく、それを出来るだけ埋めるような提案を担当者はしてくるが、気に入った間取りは別だったので、別の家をお願いした。

最初に入ったときの印象は、やはり「狭いな〜」だった。田舎で過ごしてきているため東京の家の坪数にはいつもびっくりするが、やはりここもそうだった。狭いのは、覚悟しているししょうがないとは思うが、間取りに特に工夫が見られないのが残念だ。例えば、リビングの掃きだし窓も今の賃貸のアパートより小さいのでは、、、と思えるぐらいだった。ただ、セキュリティの設備は充実しており、フィルムが入った窓やリモコン付きのインターフォンモニターなどが標準装備だった。モニターは録画も出来るらしく、「ピンポンダッシュ」などのいたずらは不可能。玄関の鍵もオートロックのリモコン方式で、入るときに鍵を探さなくていいなどのメリットがある。これは、ぜひ応用させてもらおう。設備での不満は、なんといってもキッチン。食洗機がオプションになっていることも不満だが、食器棚を置くスペースがあまりとっていないため、食器棚やレンジ台は果たして置けるのだろうか??(ちなみに、食洗機はいらない人もいるためオプションとのことだが、コスト削減のため・・・という心の声が聞こえてきた気がする。)

4邸周ったが、内装と設備が全部一緒なので、間取りに多少違いがあってもあまり違った印象にはならなかった。外装は、少しづつ色合いを変えてはいるが、街のイメージを損ねないように全体的にヨーロッパ調に統一していた。外装については、こんなものかという感じだが、内装にもう少し違いがあればよかったなあ。

見た中で気に入ったのは、「STAGE 84」だったが、既に希望している人がいるので抽選となるらしい。ここは、南と北のどちらも道路に面している横長の土地で、横にLDKがとれるため、LDKの日当たりが良く、さらにそのまま和室が続いているため、リビングの畳コーナーのイメージで、広く感じる。でこぼこしていないつくりで、デッドスペースが少ないというのも広く感じるポイントかもしれない。2階も3室とも日が当たり、ベランダも広くとれているため、見た中では一番気にいった。間取りというより立地が良いのかもしれないが。。。

見学を終えて事務所に戻った後、再度ヒアリング。今度は、資金計画と今後のスケジュールの話であった。ここでようやく各邸の費用。やっぱりマンションよりは高め。当たり前であるが。この辺りの坪単価は120万程度とのことなので、2/3程度が土地代みたいだ。ローンや資金についての提案もいろいろしてくれて、金利の考え方などは今後の参考になった。ちなみに、18日から申し込み予約を開始し、27日に抽選会があるらしい。欲しいと思っている人に抽選という運で決まるシステムは、けっこう酷だなあと少々気の毒に思った。でも、抽選になるぐらいの盛況ぶりなら営業活動は特にないなとちょっとほっとしつつ、大量のパンフレットをもらって岐路についた。

« ローコスト住宅 | 住まいのショールーム★調査隊 »

レオと暮らす家 >  建売住宅 > プラウドシーズン府中武蔵野-野村不動産 (新築分譲一戸建て)
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/72

コメント

トラックバックありがとうございました。

私の家には見学後、相当な回数電話があり、売り込んできましたよ。

噂では、結構売れ残っているとか。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)