レオと暮らす家 >  コラム > 住宅選びの新常識、キーワードは「時間軸の視点」

« 住まいのショールーム★調査隊 | 頭がよい子が育つ家 »

住宅選びの新常識、キーワードは「時間軸の視点」 [ コラム ]

失敗できない時代の住宅選びというの中で住宅選びの新常識、キーワードは「時間軸の視点」 というコラムを読んだ。今までもなんとなくこのコラムを知ってはいたが、コラム名の中に含まれている「新常識」という言葉に惹かれクリックしてみた。

「時間軸」ってなんだろう?って思いながら読んでみたが、中身は「新」かどうかというとちょっと疑問であるが、書いてあることは納得できる内容である。

要は、将来的なことを考えて住宅を選びましょうということで、「時間軸=将来性」ということだった。言葉は目新しかったが、内容は最近増えてきていることであった。

まずは、景観のこと。周辺や地域のことを配慮した「街並み」を構成することで、将来的な資産価値を高めようとのこと。これは、住宅地全体を1つの会社で設計している場合は、ほとんど実現されている内容だと思われる。ただし、都心部では大きな住宅地のスペースがないので、1つの通りだけでしか実現できないなどの問題点があるらしい。

続いて、リフォームのこと。

「骨組み・構造部分」と「内部造作部分」が明確に分けられた「S・I(スケルトン・インフィル)構造」の物件は、基本的に、間取り構成を容易に変更しやすいという大きなメリットがある。また将来、キッチンや水回りのリフォーム、手すりの設置、廊下幅の拡張などにも機動的に対応できるのだ。

可動式の家具というのは、なかなか面白い。地震対策とかはどうなんだろう。この構造をもう少し調べてみたい。

さらに、メンテナンスについても興味深い記述があった。

事実、点検口が設けられていない中古住宅には、調査の結果、問題が判明する確率が高い。これから住宅を新築する人は、点検口が設計計画にない物件は見識を疑うべきだし、中古住宅で点検口がない場合には、ぜひ新たに設置していただきたい。

なるほど。。。。「点検口」をつけるよう検討しなければ。ハウスメーカーの提案には入っているかもチェックポイントとして考えておこう。

« 住まいのショールーム★調査隊 | 頭がよい子が育つ家 »

レオと暮らす家 >  コラム > 住宅選びの新常識、キーワードは「時間軸の視点」
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/79

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)