レオと暮らす家 >  ハウスメーカー >  積水ハウス > 積水ハウス 1次プランの提出

« 住友林業 1次プランの提出 | 三重県住宅生協 1次プランの提出 »

積水ハウス 1次プランの提出 [ 積水ハウス ]

他のハウスメーカーは、プランの提出をお願いする前に、一度は住宅展示場のモデルハウスを訪れて営業担当の方と顔あわせをしているが、積水ハウスは住宅のトップメーカーであるということだけで、いきなりプランをお願いした。いろいろな話を事前にしていないのと、プラン提出の依頼をした後、いくつか展示場を見た感じでは、あまりセンスに合わないかなと感じたため、正直プランにそれほど期待していなかったのであるが。。。。


積水ハウスも地盤調査を非常に念入りにしていたため、まずその報告から。ダイワハウスでは、地盤の説明だけであったが、積水ハウスでは法律的な話からきちんと説明してくれた。また、報告書は非常に細かかったため、別途簡易的な資料もあって心遣いを感じた。営業の方は、最初は若いのでどうかなと思ったがけっこういろいろ知っているみたいだ。気になるところは、こちらが質問をした場合「他社はどうですか?」とか「どう思いますか?」と聞き返してくるところ。コーチング手法としては良いかもしれないが、今回の場合はどうだろう。他社情報等をお話するのは構わないが、自分の意見、もしくは会社の考えを最初に示してもらえるとうれしい。

いよいよ、プランの説明。立派なプレゼン資料が出来ていたのとプレゼン資料の中に「レオちゃんと暮らす家」と入っていたのはポイント高い(犬好きは以外に単純。)今回は、設計士の方は同席していなかったが、営業対応ではなく設計士の方がちゃんと図面引いてくれたんだろうなあと思えるものが出来上がっていた。レオには少々贅沢な間取りになってはいたが、要望はほぼ入っていてかなり期待以上のプランでびっくりした。収納や外観に関しても一回しか話していないのに、要望を汲み取ったよい提案であり、さすがにトップメーカーの組織力を感じた。

気に入ったポイントは、レオの部屋がリビングの一部となっていたこと。広いリビングとテラスが大きな掃きだし窓によってつながっていて開放感を感じること。外観のデザインを考えた形になっていることなどである。ただ、書斎コーナーは、積水ハウスもなかったため、これは追加でお願いをした。また、積水ハウスは、前回の打ち合わせも今回の打ち合わせも、メモをお互いに共有しているところは非常に良い。(今回、自分用のものをコピーし忘れたらしく、後でFAXで送ったが・・・(笑))
気になる点は、要望よりも少し大きめの坪数のため、その分費用が上がってしまうことである。もちろんよい提案であれば、若干の予算変更は考えているが、今のままの金額だと厳しい。いい提案なだけになんとか予算に近づけてくれればと思っている。

積水ハウスでも、5万円のハウスアドバイザリーサービスの説明があった。前回この話してくれたら用意できたかもしれないが、今回は手持ちのお金がない。こういった考え方は理解しているため、払うことは別にかまわないが、とりあえずお金もないし今回は見送りに。年明けの2社に残った場合はお願いするつもりである。間取りとあわせて、簡単に設備の話をしたが、そのときにいただいたインテリア関係の資料は、とても良かった。設備やインテリアのラインナップも豊富で、さすが大手だなあと改めて感心。ただ、なぜかここもTOTOのシステムキッチンがない。どうしてだろう??TOTOいいのに。。。

次があったので、2時間程度で切り上げたが、今後のスケジュールの話をしつつ次のプラン提出をお願いした。どのように組織力を生かしてくるかが楽しみである。

積水ハウス www.sekisuihouse.co.jp
ビエナオフィス四日市
郵便番号 : 510-0951
住所 : 四日市市小古曽東3-5-26 三重中日ハウジングセンター内
電話番号 : 059-347-2204
FAX番号 : 059-347-0522
地図:

« 住友林業 1次プランの提出 | 三重県住宅生協 1次プランの提出 »

レオと暮らす家 >  ハウスメーカー >  積水ハウス > 積水ハウス 1次プランの提出
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/124

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)