') ?> 2006年11月 - レオと暮らす家
レオと暮らす家 > 2006年11月

2006年11月

« 2006年10月 | 2006年12月 »

頭がよい子が育つ家 [ ニュース ]

さいたま市に新しく建築しているマンション”イトーピア エフィール さいたま新都心”のコンセプトの1つに「頭のよくなる家」があるとテレビの特集で放送されていた。以前、「頭のよい子が育つ家」という本が出版されたが、その本のポイントをうまく取り入れた間取りらしい。うちの場合は、「レオ」が中心ではあるが、将来子供が出来たときの参考になるかもと思い、特集を見てみた。

続きを読む "頭がよい子が育つ家"

住宅選びの新常識、キーワードは「時間軸の視点」 [ コラム ]

失敗できない時代の住宅選びというの中で住宅選びの新常識、キーワードは「時間軸の視点」 というコラムを読んだ。今までもなんとなくこのコラムを知ってはいたが、コラム名の中に含まれている「新常識」という言葉に惹かれクリックしてみた。

続きを読む "住宅選びの新常識、キーワードは「時間軸の視点」"

住まいのショールーム★調査隊 [ ウェブサイト ]

住まいのショールーム★調査隊というブログをみつけた。システムキッチンの人気ランキングもなどがあり、これからシステムキッチンやシステムバスを選んでいくのに非常に参考になりそう。

内容がボリュームたっぷりなのでこれから順番に読んでいく予定。

続きを読む "住まいのショールーム★調査隊"

プラウドシーズン府中武蔵野-野村不動産 (新築分譲一戸建て) [ 建売住宅 ]

今日は天気が良かったので、サイクリングを兼ねて野村不動産の一戸建てプラウドの建売住宅を見に行くことにした。プラウドは、マンションもそうだが、いわゆる高級住宅なので間取りの参考になることを期待して出かけた。現在住んでいる賃貸アパートの裏にもプラウドのマンションがあるが、モデルハウスは数週間で取り壊されており、即効売り切れたみたいだ。

続きを読む "プラウドシーズン府中武蔵野-野村不動産 (新築分譲一戸建て)"

ローコスト住宅 [ ハウスメーカー ]

安くていい家―家計に優しくて住宅のプロがうなる家づくり」という本を読んで、ローコスト住宅について調べてみた。

ローコスト住宅については賛否両論で、もちろんローコスト住宅→欠陥住宅というわけではないとおもう。ただ、値段相応のデメリットもありそう。

ローコスト住宅メーカーで建てることについては、のメリット・デメリットを十分理解していれば後で問題になることも少ないのではとおもう。そういう人も多くいてブログなどを公開している。特にデメリットを理解しないで安いからと契約してしまうと、後悔することになるとおもう。

続きを読む "ローコスト住宅"

住まいの設備を選ぶ本 [ 雑誌 ]

住まいの設備を選ぶ本 (2006年Summer & Autumn)
HOUSING Goodリフォーム
リクルート

感想
広告中心の本なので580円と安い!。幅広くどんな住宅設備メーカーがどんな商品を出しているのかを調べるにはいい本だとおもう。「使ってわかった!170人のクチコミ評価○と×!」が一番役に立った。ただ、×の内容がそれほどマイナスな内容ではないコメントがほとんどなのがいまいち。とりあえず気になる設備をチェックして付箋をつけた。実際に設計が進んだ段階で設備を選ぶときにもう一度読み直す予定。

続きを読む "住まいの設備を選ぶ本"

ナショナルセンター東京 [ ショールーム ]

松下のシステムキッチンが人気があると聞いたので、汐留にある松下電工のショールーム(ナショナルセンター東京)を見学してきた。綺麗なビルの地下2階から地上2階までのかなり広いスペースにてキッチンやバス以外にも内装から外装までいろいろな展示を見ることができた。

続きを読む "ナショナルセンター東京"

暮らしやすい間取りプラン125 [ 本 ]

暮らしやすい間取りプラン125

ニューハウス出版

感想
間取りについては、建てる土地の条件によるものが大きいのであまり参考になるものはなかった。家づくりの際に見落として大失敗した例や、間取りの盲点とその対策については非常に勉強になった。

続きを読む "暮らしやすい間取りプラン125"

間違いだらけのハウスメーカー選び〈2〉実践編 [ 本 ]

感想
実際に家を建てる人を例に、筆者が「ホームインスペクター」(アドバイザ)として各ハウスメーカの設計、施工について評価する本である。ハウスメーカとしては、限られてしまうのでハウスメーカを評価するというよりは、設計図のチェックポイントや、基礎工事や建物のチェックポイントが分かるようになる本である。
 この本を読んでいて、筆者が一貫して訴えたいことは、決してハウスメーカに任せきりにしてはいけないということであろう。ここで取り上げられている事例の施工主は、家に対して相当勉強しているようで、ハウスメーカの営業や現場監督に対して、かなり厳しい意見を言っている。やはりこのぐらい勉強すべきなのだと反省させられる本でもある。
 大手のハウスメーカでも信じられないような対応をすることもこの本を通して分かるので、建てる前に読んでおくと勉強になると思う。

続きを読む "間違いだらけのハウスメーカー選び〈2〉実践編"

近藤典子が建てた家―収納のカリスマが提案する、新しい暮らしの形 [ 本 ]

感想
収納のカリスマ主婦近藤典子さんが実際に建てた家をまるごと取り上げた本で、近藤さんのセンスと実用的な視点を感じました。しかし、簡単!と紹介されたものの中にはとても普通の人では真似できないものやとってもお金のかかりそうな例もありました。

続きを読む "近藤典子が建てた家―収納のカリスマが提案する、新しい暮らしの形"
 1  |  2  |  3  |  4 

« 2006年10月 | 2006年12月 »

レオと暮らす家 > 2006年11月