レオと暮らす家 >   > 実用図解 木造住宅工事チェック・ハンドブック

« 月刊 HOUSING (ハウジング) 2007年 1月号 | プラス・わん プラス・にゃん (へーベルハウス) »

実用図解 木造住宅工事チェック・ハンドブック [ 本 ]

実用図解 木造住宅工事チェック・ハンドブック
NPO法人家づくり援護会
作品社

感想
一般には建築用語やその説明が複雑で分かりにくいけど、この本はとても分かりやすく書いてある。基礎工事から竣工検査までが実際の流れに沿って書いてあり。ポイントを自分でチェックできるようになっている。木造で家を建てるのであれば現場をチェックする際のハンドブックとして最適だとおもった。

まだ、間取りプランの計画段階だが、実際に業者が決まって木造で建てる場合は工事が始まる前にもう一度読む予定。

実用図解 木造住宅工事チェック・ハンドブック
内容
住宅施工中の杜撰な工事によるトラブルは年々増えており、年間1000件を超える訴訟問題が発生しているといわれています。原因として,施工技術や、職人モラルの低下があるといわれますが、加えて過度の顧客獲得競争が拍車をかけています。
本書は建て主が住宅工事現場に興味を持ち、自らの目で不良工事や、欠陥工事をチェックし、トラブルを未然に防ぐことを目的に編集されたものです。建築の知識が無い初めての家づくりにトライされる方にも、やさしくチェックできるように図解を多用し、理屈ぬきで目視による現場確認をできるようになっております。また、困ったときのサポートネットワークを紹介し、専門家の援助が必要なときの支援体制と支援方法を公表しているのも特徴です。これから家づくりを始める方々にはぜひとも、座右においていただき、間違いの無い家づくりの羅針盤にしていただけることを願い、編集したものです。
目次
1 準備工事
2 基礎工事
3 本体工事
4 仕上げ工事
5 竣工・引き渡し
終章 家づくり援護会ガイド
著者からのコメント
家づくり援護会には全国から、たいへん多くの相談、支援要請が寄せられています。相談事例からもトラブルの多くは、施工業者に家づくりを任せきりにしたために起こっています。しかし、建築について何の知識も、経験も無い建て主にとっては任せざるを得ない厳しい現実がある野も事実です。私たちのNPOはそうした方々を支援するための組織です。本書[木造住宅工事チェックハンドブック」は、初めて家を建てる方を対象に、自分の目で工事現場をチェックできる本としてまとめました。図を多くし、読まずに図を見ただけで工事の不具合を見つけられるように心掛けました。重箱の隅を突くようなチェック本ではなく、取り返しのつかない欠陥住宅につながる重大な工事ミスを防ぐことに主眼を置いています。これまで、素人向けの木造住宅工事のチェック本は類書がなく、多くの方がご苦労されたと思いますが、この本がそうした方々の手助けになれば、これに過ぎる喜びはありません。
著者
特定非営利活動法人家づくり援護会 平成13年東京都認証家づくりでお困りの方、住まいに関するトラブルでお困りの方をサポートする受け皿として、全国的なネットワークを展開して活動しております。活動の主な内容は次のとおりです。 1.相談活動=無料相談、有料出張相談 2.契約サポート=契約書式の頒布、契約立会いなど3.欠陥住宅防検査、住宅購入診断、不具合検査、調査・測定 4.無償の紹介=設計士紹介、施工業者推薦

« 月刊 HOUSING (ハウジング) 2007年 1月号 | プラス・わん プラス・にゃん (へーベルハウス) »

レオと暮らす家 >   > 実用図解 木造住宅工事チェック・ハンドブック
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/45

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)