レオと暮らす家 >  建売住宅 > 千都の杜(せんとのもり)

« 東宝・成城住宅公園 | 人工木材 ウッドデッキ 樹の木? (TOEX:東洋エクステリア) »

千都の杜(せんとのもり) [ 建売住宅 ]

以前に、プラウドシーズン府中武蔵野に見学に行ってアンケートを書いたので、野村不動産からマンションや新築一戸建てのダイレクトメールがよく届く。その中で小田急線鶴川駅の近くにある「千都の杜(せんとのもり)」の間取りやプランなどが良かったので行ってみた。

千都の杜(せんとのもり)のに入ったところから綺麗に道路や公園などが整備された街並が現れ、高級住宅街を感じさせた。車を駐車場に止めて、とりあえず千都の杜インフォメーションセンターに入った。結構たくさんひとがいて、テーブルがほとんど埋まっていた。受付をして、お決まりのアンケートを書いたが予約はしていなったのでなかなか営業担当が来なかった。20分〜30分ぐらい待って私たちのところに営業の人が来てくれた。一通り説明を受け値段を聞いてちょっとびっくり、高いだろうなーとは予想していたが8000万円ぐらいから一億円を超える物件まであった。自己資金や年収をアンケートに書いてあったので無理に高い物件は勧められなかった。「まだ具体的に購入時期等は決めていなくて勉強中」と言っていたら、お決まりの営業トークで「常に本気で考えてないといつまでも購入できませんよ」と言われた。

千都の杜(せんとのもり)のダイレクトメールでいくつかの間取りがあったので、既に建物ができあがっていていくつかの物件を実際に見れるのかとおもっていたら、モデルハウスとして見れるのは一軒のみでそのほかは建設中か、まだ未着工のものだった。ちなみにプラウドシーズン府中武蔵野では、すべての建物が出来上がっていて、その中から5軒ほど見せてもらった。

営業の方からモデルハウスの説明員に引き継がれて、インフォメーションセンターから車でモデルハウスまで送ってもらった。

モデルハウス用として建てられたものなので、内部にはピアノがおいてあったり、間取りはカウンターバーがあったり、吹き抜け部分の2階にインナーバルコニーがあったりドラマに出てくるようなイメージだった。設備的には結構いいものを使っているようでプラウドシーズン府中武蔵野に比べると明らかに高級感があった。

モデルハウスを見てからは、建設中の家をみて土地や周りの雰囲気を確認して、そこからまた車でインフォメーションセンターまで送ってもらった。戻るときは遠回りして団地内を回って説明してもらった。

土地の広さや、2台分の駐車場、建物の外観や内装を含めて結構気に入ったし、遊歩道とつながった公園がたくさんあり街としてもなかなかよい雰囲気でかなり気に入った。値段は高いがそれなりの価値があると思えた。もし、首都圏でずっと暮らしていくつもりだったらかなり迷っただろう。

千都の杜(せんとのもり)
野村不動産
小田急線駅徒歩8分の南ひな壇の高台に広がる総区画数約730区画の大規模邸宅街
「新宿」直通31分、「大手町」直通45分の「鶴川」駅 徒歩8分から広がる、南ひな壇の美しい邸宅街。
公園緑地率21%の緑溢れる住環境に、平均土地面積約57坪のゆったりとした邸宅街がひろがります。

住所:東京都町田市能ヶ谷町3023番地6
電話番号:0120-87-3515
営業時間:AM10:00〜PM5:00
定休日:水曜日
交通:小田急電鉄小田原線鶴川駅 徒歩9分
地図:

« 東宝・成城住宅公園 | 人工木材 ウッドデッキ 樹の木? (TOEX:東洋エクステリア) »

レオと暮らす家 >  建売住宅 > 千都の杜(せんとのもり)
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/222

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)