レオと暮らす家 >  住宅用語集 > 相当隙間面積

« 住まいの実例セレクション51 | 建築坪単価 »

相当隙間面積 [ 住宅用語集 ]

住宅全体の隙間の総面積(平方センチメートル)を床面積(平方メートル)で割った値のことで、気密性能を表す指標のひとつ。次世代省エネルギー基準では、地域区分に応じた相当隙間面積が定められている。実際に建物にある隙間の面積を調べるのではなく、建物を密閉した状態で強制的に送風機で空気を押し込み、どれくらいの空気が逃げるかを測定する。漏気量から隙間面積を推定していることから「相当隙間面積」と呼ぶ。「C値」と略すこともある。

« 住まいの実例セレクション51 | 建築坪単価 »

レオと暮らす家 >  住宅用語集 > 相当隙間面積
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/289

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)