レオと暮らす家 >   > いい家は無垢の木と漆喰で建てる

« 三重県住宅生協 プランの変更 | 建築確認申請 »

いい家は無垢の木と漆喰で建てる [ 本 ]

いい家は無垢の木と漆喰で建てる
神崎 隆洋
ダイヤモンド社

感想

いい家は無垢の木と漆喰で建てる
内容
自然の素材「ムクの木と漆喰」にこだわり続けている住宅建設会社の社長自らが、家づくりの現場から理論と実践を解説する。
ビニールクロスと合板で「いい家」と言えるのか、「いい家」は自然素材を使って建てるなど、本当にいい家とは何か、無垢の木の素晴らしさはどこにあるのかを客観的に述べ、様々な建築工法、素材等を具体的に比較検証する。
目次
第1部
  • いい家とは何か(こんな材料で「いい家」と言えるのか
  • ビニールクロス張りの家が「いい家」なのか
  • 合板フローリングの床で「いい家」と言えるのか
  • 集成材や米ツガの土台にビックリ
  • 「専門家」の言うことを鵜呑みにしてはいけない ほか)
第2部
  • いい家を建てるための87の知恵(にせものを見抜く知恵
  • 無垢の木を生かして使う知恵
  • 丈夫な木の家を建てる知恵
  • 後悔しない家づくりの知恵)
著者
一級建築士・神崎建設(株)代表取締役。1943年、東京生まれ。1966年、早稲田大学第一商学部卒業後、コンピュータソフト会社に勤務するが、「一国一城の主」を夢見て退社。住宅建築の仕事と出会い、その奥深さに魅せられて、1980年、神崎建設(株)を設立。その後、独学で一級建築士の資格を取得。ヒノキ、青森ヒバ、ナラ、タモなど、無垢の木と漆喰に徹底的にこだわった家づくりは、建築主からも喜ばれ、数多くの実績を持つ。趣味のオルガン演奏が高じて、1997年、自宅にパイプオルガンを建造、NHKのテレビ番組でも紹介された。自ら演奏するだけでなく、年に数回、オルガニストを招いて演奏会を行い、地域の人たちに、本物が醸し出す美しい調べを楽しんでもらっている

« 三重県住宅生協 プランの変更 | 建築確認申請 »

レオと暮らす家 >   > いい家は無垢の木と漆喰で建てる
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/229

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)