レオと暮らす家 >   > 頭のよい子が育つ家

« CBCハウジング 蟹江インター住まいの公園 | アトリエ21 »

頭のよい子が育つ家 [ 本 ]

頭のよい子が育つ家
四十万 靖 渡辺 朗子
日経BP社
感想
頭のよい子が育つ家
内容
有名中学合格者の自宅を徹底調査。11ケースを取り上げ、おうちをどのように使ってお子さんが勉強しているのか、イラストと文章とで解説。一軒家、マンション、アパートとさまざまな間取りの家やさまざまな家族のケースを掲載。
麻布・開成・武蔵・桜蔭・女子学院・フェリス女学院・慶應・早稲田実業・筑波大付属・筑波大付属駒場・栄光学園…。有名中学合格者の自宅を徹底調査。
麻布・開成・武蔵・桜蔭、女子学院・フェリス女学院…。有名中学合格者の自宅を徹底調査! あなたの家を「頭のよい子が育つ家」に変身させるコツ、事例とイラストで教えます。
目次
第1章 「頭のよい子」たちはこんな家で育ちました!―有名中学合格者の11家庭のおうち大公開(栄光学園中学に合格したAくんの家―リビングにある「卓球台」が家族をつなぐ!
開成中学に合格したBくんの家―子ども部屋を家族交流の場にする ほか)
第2章 「頭のよい子が育つ家」とは、こんな家だ!(立派な子ども部屋はいりません
親子で中学入試問題を解いてコミュニケーションを深めよう ほか)
第3章 あなたの家をすぐに「頭のよい子が育つ家」に変える10カ条(子ども部屋を孤立させないようにしよう
家中を勉強スペースにしよう ほか)
第4章 建築学から考えた「頭のよい子が育つ家」の秘密(ノマド式勉強法が実現できる家
気配とモノ語る壁のある家 ほか)
著者
四十万 靖(しじま・やすし) 
株式会社eco-s corporation(エコス・コーポレーション)代表取締役
1959年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、82年伊藤忠商事入社。同社在籍時代にフランク・ロイド・ライト財団と関係を築く。2002年伊藤忠を退社。慶應義塾大学SFC研究所研究員(訪問)に。2003年、慶應義塾大学とのライセンス契約による、住宅の総合コンサルティングを行う事業投資会社eco-s corporationを設立し同社代表取締役に就任。2006年4月より慶應義塾大学SFC研究所所員(訪問)として慶應義塾大学SIVアントレプレナー・ラボラトリ生活産業プロジェクト代表を兼任、現在に至る。
渡邊 朗子(わたなべ・あきこ)
慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科助教授東京生まれ。日本女子大学家政学部住居学科卒業後、93年コロンビア大学大学院建築学科修了。96~99年慶応義塾大学環境情報学部助手、豪シドニー大学客員講師を経て現職。サイバー時代における空間デザイン学の第一人者として、身体から都市スケールまでを対象に研究、デザイン実践をおこなうほか、国内外での講演や企業との共同研究プロジェクト等、幅広い領域で活動している。アーキテクト・博士(学術)。著書に『サイバー時代の空間デザイン』(日経BP社)『サイバード・スペースデザイン論』(慶応義塾大学出版会)、作品に「慶応義塾大学G-SEC Lab」(日経ニューオフィス情報奨励賞)「丸の内シティキャンパス」「G-SEC ファニチュアシリーズ」(グッドデザイン賞2003)など。

« CBCハウジング 蟹江インター住まいの公園 | アトリエ21 »

レオと暮らす家 >   > 頭のよい子が育つ家
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/225

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)