レオと暮らす家 >  住宅ローン > 住宅ローン つなぎ融資

« 住宅ローン フラット35 | 住宅ローン 繰り上げ返済 »

住宅ローン つなぎ融資 [ 住宅ローン ]

つなぎ融資とは、物件の引き渡し(所有権や抵当権の登記)から住宅ローンの融資実行日までの間に、一時的に行われる短期の融資のこと。

住宅金融公庫の住宅ローンは、物件に抵当権を設定登記した後でなければ、融資が実行されない。しかし抵当権を登記するためには、不動産会社に不動産の代金を支払い、物件を自分のものにする必要がある。このため物件の所有権・抵当権の登記をし、その後、融資実行日までの間に利用されるのが、つなぎ融資だ。具体的には、(1)民間金融機関からつなぎ融資を受けて、不動産の代金を不動産会社に支払う、(2)所有権・抵当権を設定登記する、(3)公庫融資実行後、その資金でつなぎ融資を返済、という流れとなる。また住宅の買換えの際も、売却した物件の売却代金が支払われるまでの間に、つなぎ融資を利用するケースがある。

« 住宅ローン フラット35 | 住宅ローン 繰り上げ返済 »

レオと暮らす家 >  住宅ローン > 住宅ローン つなぎ融資
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/350

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)