レオと暮らす家 >  ニュース > 【建材・設備ランキング】システムキッチン、意匠性VS価格で各社がしのぎを削る

« ミサワホームの工事現場 | 基礎工事(7:コンクリート工事) »

【建材・設備ランキング】システムキッチン、意匠性VS価格で各社がしのぎを削る [ ニュース ]

日経アーキテクチュアが実施した、採用したい建材・設備メーカーランキング(2007年度)システムキッチン編だ

順位(昨年) 企業名
1 (2) サンウエーブ工業
2 (1) TOTO
3 (4) INAX
4 (3) クリナップ
5 (6) タカラスタンダード
5 (5) 松下電工
7 (8) トーヨーキッチン&リビング
8 (7) トステム
9 (9) 松下電器産業
10 (10) ヤマハリビングテック
11 (12) 東建ナスステンレス
12 (11) キッチンハウス
13 (13) ミカド
14 (15) ノーリツ
15 (14) 永大産業
16 (16) 日立ハウステック
17 (17) クチーナ

サンウエーブ工業が昨年1位のTOTOを抜いて1位に返り咲いた。その差はわずか0.6ポイントだ。採用要因では、価格面で評価を得た。2位の TOTOは、「意匠性の高さ」や、「設計の素材提供」といったサポート面で評価されている。3位はINAX。昨年は4位だったが、昨年3位のクリナップと入れ替わった。評価されているのは、「機能性の高さ」や「意匠性の高さ」だ。一方、4位のクリナップは、サンウエーブ工業と同様、価格面の評価が高い。

 上位4社の評価のされ方にも表れているが、システムキッチンは近年、「意匠性」を評価される会社と、「価格」を評価される会社とに二分され、互いにしのぎを削る構図になっている。2005年から2006年で1位と2位が入れ替わり、2006年から2007年では、1位と2位、3位と4位がそれぞれ入れ替わった。なお、昨年の6位から今年5位に順位を上げたタカラスタンダードは、価格面が評価されている。昨年の8位から今年7位に順位を上げたトーヨーキッチン&リビングは、「意匠性の高さ」でトップのポイントを獲得している。

 こうした“つばぜり合い”を繰り広げる構図は、新製品のトレンドにも表れている。意匠性を高めた「ハイグレード」なシステムキッチンが、富裕層を狙って数多く市場に投入されている。その一方で、リーズナブルな製品シリーズは、モデルチェンジを繰り返しながらバリエーションを増やしている。リフォームにターゲットを絞った新製品も登場し始めている。

 システムキッチンの場合、エンドユーザーの志向も強く影響しているため、「意匠性」と「価格」の両立は一筋縄ではいかない。ランキングにおける「意匠性VS価格」の構図もそう簡単には崩れないだろう。ただ、そうした状況があるだけに、意匠性と価格を両立した画期的な新製品が出てくれば、この分野に大きなインパクトを与えることは間違いない。

« ミサワホームの工事現場 | 基礎工事(7:コンクリート工事) »

レオと暮らす家 >  ニュース > 【建材・設備ランキング】システムキッチン、意匠性VS価格で各社がしのぎを削る
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/438

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)