レオと暮らす家 >  住宅ローン > フラット35 3か月ぶり上昇

« 防犯フィルムの部分張りの効果は? | 住まい選びや住まいづくりの専門情報をネットで紹介、日本建築学会 »

フラット35 3か月ぶり上昇 [ 住宅ローン ]


フラット35 3か月ぶり上昇

フラット35」は、金利が最長で35年間固定されている住宅ローンで、民間の金融機関から住宅金融支援機構が住宅ローンの債権を買い取ったうえ、この債権を担保として投資家から資金を集め、リスクを分散することで低金利での融資が可能になっています。

金利は、金融機関によって違いますが、住宅金融支援機構のまとめによりますと、「フラット35」を扱っている337の金融機関の今月の平均金利は、35年間借りた場合で、先月に比べ0.15ポイント上がり、3.152%と3か月ぶりに上昇に転じました。これは、長期金利の指標となっている10年ものの国債の金利が上昇したためで、金利は最も高い金融機関で3.5%、最も低い金融機関で2.95%となっています。

(情報提供:NHKニュース)

フラット35

« 防犯フィルムの部分張りの効果は? | 住まい選びや住まいづくりの専門情報をネットで紹介、日本建築学会 »

レオと暮らす家 >  住宅ローン > フラット35 3か月ぶり上昇
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/468

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)