レオと暮らす家 >  住宅用語集 > 木造軸組工法

« まちなみ参観日 コモンシティ東旭が丘(積水ハウス) | 2x4 ツーバイフォー »

木造軸組工法 [ 住宅用語集 ]

木造軸組工法とは、柱、梁、桁、筋交いなど、木製の軸組で家の骨組みをつくる工法のこと。 コンクリートの基礎の上に土台を置き、それに柱と梁などを組み合わせて建物を建築する工法のこと。建物のそれぞれの長さが自由に決められるので、ほかの工法よりプランニングの自由度がもっとも高いといわれる。狭い土地や変形敷地に対応できる柔軟性や、部分的な修繕・改築を行うことができるのがメリット。各部材をつなぐために仕口や継手などの工夫がされているが、現在では取り付け金物を併用し、より強い躯体がつくれるようになっている。日本家屋の伝統的工法として、古くから使用されているので、在来工法とも呼ばれ、現在でも、木造住宅の多くはこの方法で建てられている。

« まちなみ参観日 コモンシティ東旭が丘(積水ハウス) | 2x4 ツーバイフォー »

レオと暮らす家 >  住宅用語集 > 木造軸組工法
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/409

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)