レオと暮らす家 >  住宅用語集 > プレカット

« 集成材 | 屋根工事(1) »

プレカット [ 住宅用語集 ]

上棟 [現場レポート]を見ていただくとわかりますが、わが家は木造軸組工法です。もちろんプレカットです。

プレカットとは、建築用の構造材を現場で使用しやすいサイズや形にあらかじめ工場で加工しておくこと。これにより現場での作業を軽減することができ、建築期間を短縮したり、人件費の抑制につながる。
プレカットにより、これまで大工さんが手作業で加工していた部材を機械で加工することにより、一定以上の品質を保つことができるようになった。最近では、木造軸組工法によって家を建築する住宅メーカーや工務店の多くがなんらかのプレカット材を使用している。また、設計図面のコンピュータ化により、CAD入力と連動して、必要な部材の加工データを機械に判断させ、自動で木材を加工する技術なども開発され、加工ミスを防ぐ工夫をしている会社もある。
プレカットとは
プレカット加工とは、木造住宅の柱や梁の継ぎ手、仕口を従来は手工具で加工していたものを機械で行なう技術です。最近では設計図の情報をコンピューターで読み取り、それを全自動加工機によって切削することで精度の高い柱や梁を生産することが可能になりました。
プレカット加工の特長
1.コンピュータ利用による合理的設計・加工システム
2.防腐防蟻処理による優れた耐久性
3.継手部材の高い加工精度による耐震性
4.工期の短縮によるコストダウン

全国木造住宅機械プレカット協会

« 集成材 | 屋根工事(1) »

レオと暮らす家 >  住宅用語集 > プレカット
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/473

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)