レオと暮らす家 >  住宅建材 > グラスウール

« 断熱材 | ロックウール »

グラスウール [ 住宅建材 ]

グラスウールとは、断熱材や吸音材として使われる綿状になったガラス繊維のこと。断熱性・吸音性が高い。
グラスウールは、ガラス繊維の間に大量の空気を含んでいて、その絡み合った細いガラス繊維が空気を動きにくくする。全容量の約98%を占める空気が優れた断熱効果を発揮する。また、騒音や雑音は複雑に交錯するグラスウールの繊維を通る間に吸収される。グラスウールにはさまざまな製品があり、密度を高くしたり、繊維径を細くしたりすることで断熱性能が異なる。性能のバリエーションが豊富なので、断熱計画によって最適なものを選択できる。グラスウールは公庫仕様として決められている断熱材種類で、A〜Dに対応する。高性能グラスウールとは、通常は7〜8ミクロンのグラスウールの繊維径を 4〜5ミクロンまで細くし、同じ密度の通常のものに比べ繊維本数を約4倍、繊維径を小さくすることで間に含まれる空気室の大きさを4分の1にして断熱性能を高めたもの。密度16kg/m3で、通常品の24kg/m3品に相当する断熱性能をもっている。密度40kg/m3以上は、公庫仕様の断熱材種類でDランクに適合し、より薄い厚さで高断熱基準をクリアでき、繊維が細いために手ざわりもソフトなので、施工しやすくなっている。

« 断熱材 | ロックウール »

レオと暮らす家 >  住宅建材 > グラスウール
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/414

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)