レオと暮らす家 >  家具・インテリア > 最終打ち合わせ カーテン決定

« メタリック調 雨とい (松下電工:National) | ESPACE HOME DECOR エスパス ホームデコア »

最終打ち合わせ カーテン決定 [ 家具・インテリア ]

いよいよ後1ヶ月で家が完成予定!カーテンや引渡し日の確認など完成までの最終の打ち合わせを行った。

まずはカーテンの打ち合わせ。カーテンも3つの業者で見積りをとって比較していたが、価格、商品ともに折り合いがついたので、生協に紹介してもらった「インテリア田畑」に決定し、商品・仕様の確認を行った。当初の見積りでは、サンゲツでそろえていたが、価格が安くなるかもしれないということで、「TOSO」の商品を一部取り入れた。また、間取り図を見ると、カーテンレールがクローゼットのドアとぶつかる場所が見つかったので、そこも普通のカーテンからダブルのプレーンシェードを入れ替えた。工事関連のアドバイスはやっぱりプロでないと分からないので事前に気がついてもらって良かった。

生協が紹介してくれたカーテン業者は、施工の面では現場と連絡を取り合ってくれるので安心だが、なぜかサンゲツに非常にこだわっていた。当初の打ち合わせから、メーカーにはこだわらないと伝えていたのになぁ。安くなるなら最初からTOSOで提案してほしかったと思っているが、最終的には希望どおりになったのでまあいいか。。。。

その後、引渡しまでのスケジュール確認と工事費の変更分の確認をした。引渡しまで後1ヶ月ちょっと。完成までがとても楽しみ!これから引越しに向けての片付け、家具購入などいろいろ忙しくなるけど、楽しいことで忙しくなるのは全然苦痛ではない。がんばろっと。

ところで、うちの場合もそうだったが、間取りや住宅設備などの仕様がだいたい決定してからも、打ち合わせを重ねるごとに商品が変更になったり、追加したり、削除されたりとかなり価格が変動した。最初に出してもらった見積りから考えると金額はけっこう違ってくる。生協は、仕様が確定した後に契約だったので、予想外の金額の変動がなかったことは助かった。一般のハウスメーカーで契約していたら、当初の契約金からものすごくあがっていただろう。。。某ハウスメーカーの営業の人は、最初の契約金と最終的に変わってくるのは20万程度と言っていたが、そのまま信じていたら大変なことになったかも。何はともあれ、お金もなんとか落ち着いてほっとしている。

« メタリック調 雨とい (松下電工:National) | ESPACE HOME DECOR エスパス ホームデコア »

レオと暮らす家 >  家具・インテリア > 最終打ち合わせ カーテン決定
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/494

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)