レオと暮らす家 >  建築現場レポート > ガラスブロック施工

« 引越業者の選定 | 引越業者の決定 »

ガラスブロック施工 [ 建築現場レポート ]

週末に恒例の現場確認に行ったら、ガラスブロックが施工されていました。
テレビ台の上と玄関がガラスブロックになります。シンプルでニッチなどの装飾がない我が家での数少ないデザイン的な部分です。設計士の先生の提案です。

上の写真の下の部分にテレビ台のCUBIOS(キュビオス)が施工される予定です。

こちらが玄関を入ったところで、正面にガラスブロック

この写真は、レオの部屋側で玄関とテレビ台の裏側。

間近でみるとそれぞれのブロックが少し傾いたりしているので、一個ずつ積み上げていたんだろうと思われる。

今週はそのほか壁紙を張る準備でボードのつなぎ目やネジの部分のパテ埋めがされていました。

ガラスブロック
四角いガラス2枚をモルタルなどで接合して、箱型にしたブロックのこと。内部は中空状態。ガラスの表面は平らで、内側は各種の模様をかたどった歯形の凹凸があり、色もさまざま。入射光が拡散・屈折したり、選択透光することで、室内側に変化のある光が入る。視線を遮りながら壁面からの採光をとりたいときなどに用いる。床に使うこともある。遮音性はあるが、室内側に輻射熱が発生する可能性があるので使用部位には注意が必要。

« 引越業者の選定 | 引越業者の決定 »

レオと暮らす家 >  建築現場レポート > ガラスブロック施工
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/420

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)