レオと暮らす家 >  エクステリア > ウッドデッキ 商品比較

« 外溝工事 スタート | 外溝工事(2) »

ウッドデッキ 商品比較 [ エクステリア ]

耐久性、メンテナンスという面でのメリット考えると木粉が混ざった樹脂性の人工木のウッドデッキがいいのだが、デメリットとして夏場は火傷するほど熱くなるということで迷っていた。


天然木で一番耐久性が良いと言われているウリン材のウッドデッキを作った友人に聞いたところ、天然木でも夏場はかなり暑くなるので裸足では出れないということでした。

それで結局は、人工木のウッドデッキにすることに決めました。

人工木のデッキでは、

TOEX 東洋エクステリア
人工木材 樹の木?

YKK AP
リウッドデッキ?

TOSTEM トステム
リコステージ?

などがある。物としてはほとんど一緒ということで、外溝業者が提案してくれたTOEX 東洋エクステリア人工木材 樹の木にしました。

大人は気をつけてスリッパを履いて出ればいいのだが、子供がなにげに裸足で出たときが危険なので対策は検討しよう。

« 外溝工事 スタート | 外溝工事(2) »

レオと暮らす家 >  エクステリア > ウッドデッキ 商品比較
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://house.leoleo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/166

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)