') ?> 住宅建材 - レオと暮らす家
レオと暮らす家 >  住宅建材

住宅建材

 1  |  2 

ガラスブロック施工 [ 建築現場レポート ]

週末に恒例の現場確認に行ったら、ガラスブロックが施工されていました。
テレビ台の上と玄関がガラスブロックになります。シンプルでニッチなどの装飾がない我が家での数少ないデザイン的な部分です。設計士の先生の提案です。

上の写真の下の部分にテレビ台のCUBIOS(キュビオス)が施工される予定です。

続きを読む "ガラスブロック施工"

メタリック調 雨とい (松下電工:National) [ 建築現場レポート ]

我が家の雨どいは、ナショナルのメタリック調 雨とい サーフェスケアFS-I型 ステンシルバーです。あまり見かけないカラーだと思います。サッシの色にマッチしていい感じになりました。

樋(とい)とは、雨水などの液体を運ぶのに用いる装置、設備。「とゆ」「とよ」ともいう。筒状ないしは筒を半分にきったような形状をしている。
通常、樋というと、屋根に降った雨水を集めて流す雨どいのことをいう。地上に仮設して水を流す筒状の樋は筧(かけい)と呼ばれる。「ひ」(=樋)とは堤などから排水するための門のことで、「とい」の語は「戸樋(とひ)」のこと、筧はすなわち「懸樋(かけひ)」である。
続きを読む "メタリック調 雨とい (松下電工:National)"

玄関 ジョリパット (アイカ工業 AICA) [ 建築現場レポート ]

玄関のシンボルの○が出来上がっていた。この部分だけ塗り壁でアイカ工業(AICA)ジョリパットで仕上げてある。

続きを読む "玄関 ジョリパット (アイカ工業 AICA)"

ロックウール [ 住宅建材 ]

玄武岩などの天然鉱物や高炉スラグ(製鉄業の副産物として発生する鉱物滓)を主原料として人工的に作られた無機質系繊維。繊維の太さは平均3〜5ミクロンで、断熱材、保温材、吸音材、耐火被覆材料などに使われる。吹きつけ用の粒状綿タイプと、ボード状・フェルト状・マット状などの成形品タイプがある。成形品の結合材としてフェノール系樹脂などが含まれる。耐熱性が高い。はっ水性があるため内部結露がしにくいといわれる。

グラスウール [ 住宅建材 ]

グラスウールとは、断熱材や吸音材として使われる綿状になったガラス繊維のこと。断熱性・吸音性が高い。
グラスウールは、ガラス繊維の間に大量の空気を含んでいて、その絡み合った細いガラス繊維が空気を動きにくくする。全容量の約98%を占める空気が優れた断熱効果を発揮する。また、騒音や雑音は複雑に交錯するグラスウールの繊維を通る間に吸収される。グラスウールにはさまざまな製品があり、密度を高くしたり、繊維径を細くしたりすることで断熱性能が異なる。性能のバリエーションが豊富なので、断熱計画によって最適なものを選択できる。グラスウールは公庫仕様として決められている断熱材種類で、A〜Dに対応する。高性能グラスウールとは、通常は7〜8ミクロンのグラスウールの繊維径を 4〜5ミクロンまで細くし、同じ密度の通常のものに比べ繊維本数を約4倍、繊維径を小さくすることで間に含まれる空気室の大きさを4分の1にして断熱性能を高めたもの。密度16kg/m3で、通常品の24kg/m3品に相当する断熱性能をもっている。密度40kg/m3以上は、公庫仕様の断熱材種類でDランクに適合し、より薄い厚さで高断熱基準をクリアでき、繊維が細いために手ざわりもソフトなので、施工しやすくなっている。

断熱材 [ 住宅建材 ]

断熱材とは、熱の伝導・伝達を阻止するための材料。熱伝導が小さい素材を使用する。通常は、空気のもつ断熱性を利用したものが多い。
空気が移動しないように、独立気泡でつくられた発泡材やガラス繊維、軟質繊維材料が使われる。一般的にはグラスウール、ロックウールなどがある。良い断熱材とは、熱伝導率と吸湿性が小さく、均一な施工が簡単にでき、同じ熱伝導率ならば厚くなるほど良いといわれている。また、長期間安定した性能を発揮することも大事。

KMEW クボタ松下電工外装 光セラ [ 住宅建材 ]



KMEW クボタ松下電工外装株式会社の外壁材(サイディング)で候補になったものを紹介します。

続きを読む "KMEW クボタ松下電工外装 光セラ"

旭トステム外装 AT-WALL [ 住宅建材 ]



旭トステム外装の外壁材(サイディング)で候補になったものを紹介します。

続きを読む "旭トステム外装 AT-WALL"

ニチハ モエンエクセラード マイクロガード [ 住宅建材 ]

外壁は、ニチハ株式会社モエンエクセラード マイクロガードを選んだ。外壁は一番目立つ上にやり直す訳にもいかないのでそうとう悩んだ。

続きを読む "ニチハ モエンエクセラード マイクロガード"

外壁材 サイディング [ 住宅建材 ]

建物の外壁に使う板のこと。「siding」を直訳すると「下見板」または「壁板」。「サイディング・ボード」ともいう。住宅では、石綿セメント板を基礎的な材料にして工場で加工された不燃外壁材を指すのが一般的。防火性能を高めるために木製板の代わりに採用する。セメント系のほかにアルミやスチールなどの金属系のサイディングもある。幅15cmから30cm程度で、横張りと縦張りがある。タイル張り風など種類も豊富。
続きを読む "外壁材 サイディング"
 1  |  2 

« 住宅展示場 | 住宅用語集 »

レオと暮らす家 >  住宅建材