') ?> 住宅用語集 - レオと暮らす家
レオと暮らす家 >  住宅用語集

住宅用語集

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7 

内装制限 [ 住宅用語集 ]

火災発生時の延焼を防ぐため、建築物の用途、構造、規模に応じた一定範囲に燃えにくい内装材を使用しなくてはならない規定。一戸建て住宅では、キッチンなど「火気使用室」が対象となり、天井・壁材は準不燃材料か不燃材料としなくてはならない。ただし耐火建築物、最上階にある火気使用室は適用外。また、キッチンとダイニングなどのエリアとの間に50cm以上の垂れ壁があれば、キッチン以外のスペースは内装制限から除外できる。
続きを読む "内装制限"

防火地域 [ 住宅用語集 ]

容積率 [ 住宅用語集 ]

住宅の規模(広さ)に対する規制を示す数値のひとつで、敷地面積に対する延床面積の割合のこと。用途地域と都市計画の指定によって上限が定められている。たとえば、容積率200%の地域で敷地面積150平方メートルの場合[150平方メートル×200%= 300平方メートル]となり、延床面積300平方メートルまでの建物が建てられる。ただし、前面道路が12m以下の場合は、用途地域によって一定の規制を受ける。また、住宅の地下室は条件によって不算入にできる。

建ぺい率 [ 住宅用語集 ]

住宅の規模(広さ)に対する規制を示す基準のひとつで、敷地面積に対する「建築面積」の割合のこと。用途地域と都市計画の指定によって上限が定められている。たとえば、建ぺい率60%地域の150平方メートルの敷地には[150平方メートル×60%=90平方メートル]となり、建築面積90平方メートルまでの建物が建てられる。なお、近隣商業地域と商業地域で防火地域内にある耐火建築物などについては、一定の割合で建ぺい率の割合が緩和される措置もある。

道路斜線制限 [ 住宅用語集 ]

都市計画区域内では、道路面の日照などを確保するため、建築物の高さを、前面道路の反対側境界線を起点とする一定こう配の斜線の範囲内に収めなくてはならない。この規制を「道路斜線制限」と呼ぶ。こう配の数値には2種類あり、住居系地域かそれ以外かで異なる。さらに、その地域の容積率の制限に応じて、前面道路から一定以上離れた部分については斜線制限から除外される規定や、2本以上の前面道路がある場合の緩和規定がある。

隣地斜線制限 [ 住宅用語集 ]

都市計画区域内で、第1種・第2種低層住居専用地域を除くすべての区域には、隣地の日照及び通風などの環境確保のため「隣地斜線制限」が設けられている。これは、建物の高さを隣地境界線から一定以上の高さを起点とする斜線の範囲内に収めるというもの。起点となる高さは住居系地域で20m、それ以外の地域は31m。それぞれ斜線のこう配も異なる。また、壁面を隣地境界線から後退させるとその距離に応じて斜線制限が緩和される。

仲介手数料 [ 住宅用語集 ]

仲介会社の媒介などによって不動産の取引をしたときに、業者に支払う報酬のこと。媒介報酬ともいう。宅建業法では成功報酬主義が取られているので、売却や物件探しの依頼をしても取引が成立しなければ支払う必要はない。仲介手数料の金額の上限は宅建業法で決められている。売買(取引金額が400万円超)の場合は「取引金額×3%+6万円」以内。課税業者の場合、これに消費税がかかる。そのほかの取引の報酬額は別表の通り。

24時間換気システム [ 住宅用語集 ]

シックハウス対策としての建築基準法の改正により、原則として「機械換気設備」の設置が義務付けられている。

続きを読む "24時間換気システム"

サスティナブル住宅 [ 住宅用語集 ]

最近、サスティナブルという言葉をよく耳にします。また、サスティナブル住宅という言葉もあり、
財団法人建築環境・省エネルギー機構(理事長 村上周三慶應義塾大学教授)という組織が「サスティナブル住宅賞」というものやっている。

サスティナブル住宅とは、。。。

続きを読む "サスティナブル住宅"

ロハス住宅 LOHAS(ロハス/ローハス)  [ 住宅用語集 ]

日本をロハスに変える30の方法 ― BUSINESS LOHAS
ローハスクラブ
講談社 (2006/01/20)

 最近、家のことをいろいろ調べていると雑誌やインターネットでロハス住宅という言葉をたびたび見かける。LOHASロハス/ローハス)という単語を目にするのでしらべてみた。

続きを読む "ロハス住宅 LOHAS(ロハス/ローハス) "
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7 

« 住宅建材 | 住宅設備 »

レオと暮らす家 >  住宅用語集